文字サイズ

大阪市病院局

小児循環器内科

科の特色

年間330件の小児心臓カテーテル検査のうち、3分の2を小児循環器内科が、3分の1を小児不整脈科が実施しています。年間約3000件の心エコー図検査等を実施し、小児心疾患の治療を行っています。対象疾患は、小児の循環器疾患全般で、先天性心疾患、心筋疾患、川崎病後遺症などがその主なものです。不整脈については、平成21年度に開設されました小児不整脈科で実施しています。
小児循環器内科、小児不整脈科、小児心臓血管外科が連携し診断から内科治療、外科治療、手術後のケアまで一体となったチーム医療を行っています。
新生児の危急的心疾患については、新生児科、集中治療医等との連携のもと新生児集中治療室(NICU)、集中治療室(lCU)の機能を活用し、24時間体制で治療にあたっています。また、心疾患の胎児診断を実施しており、周産期からの計画的治療に努めています。
先天性心疾患のカテーテル治療では、アンプラッツァ法による心房中隔欠損閉鎖術、動脈菅閉鎖術を実施しています。
また当科は、大阪市北部の児童・生徒心臓精密検診の3次を担当しており、心疾患をもつ学童・生徒の健康管理に携わっています。

このページの先頭へ

主な疾患

名称 名称 名称
1 心室中隔欠損 8 単心室 15 大動脈縮窄
2 心房中隔欠損 9 三尖弁閉鎖 16 心筋症
3 動脈管開存 10 肺動脈閉鎖 17 心筋炎
4 ファロー四微 11 左心低形成症候群 18 心膜疾患
5 完全大血管転位 12 肺動脈弁狭窄 19 心臓腫瘍
6 両大血管右室起始 13 末梢肺動脈狭窄 20 川崎病心血管後遺症
7 心内膜床欠損 14 大動脈弁狭窄    

 

カテーテルアブレーション治療

心臓カテーテル・心血管造影検査 年間220件
心臓カテーテル治療 年間60〜70件
心臓超音波(心エコー)検査 年間3,000件
トレッドミル運動負荷心電図

年間240件

カテーテルによる心房中隔欠損閉鎖術の概要

(日本ライフライン株式会社資料より抜粋)

 

 

カテーテルによる心房中隔欠損閉鎖術の様子

心房中隔欠損を造影しています

 

 

 

閉鎖栓は切り離され終了です

 

このページの先頭へ

スタッフ及び診療体制

氏名 役職 認定資格 主な専門分野
村上 洋介 部長 日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会専門医
小児・胎児心臓病、小児循環器全般
江原 英治 副部長
(中央臨床検査部長)
日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会専門医
小児・新生児心臓病、小児循環器全般
川崎 有希 医長 日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会専門医
日本周術期経食道心エコー認定医
小児心臓病、小児循環器全般 
藤野 光洋 シニアレジデント

日本小児科学会専門医

小児心臓病、小児循環器全般
佐々木 赳 シニアレジデント 日本小児科学会専門医  小児心臓病、小児循環器全般
中村 香絵 シニアレジデント   小児心臓病、小児循環器全般

 

このページの先頭へ

交通アクセスのご案内

〒534-0021
大阪市都島区都島本通2-13-22

地下鉄谷町線 「都島駅」2番出口 西へ約3分 バス停「総合医療センター前」下車すぐ 詳しく見る